すらぺでぃあ

すらぺでぃあ

人気?アプリ「7人の賢者と錬金術師(ななれんきん)」の情報をまとめたり考察したりするかもしれないブログです。

すらぺでぃあ

MENU
ーおすすめ記事ー




【型紹介】シンキロウ【ヒートアタッカー】

うちの子自慢新シーズンその4。限凸によって強化されたうちの子たちの紹介になります。

旧記事はコチラ(型自体変わってます)

 

1.装備抜きステータス

装備抜き

f:id:slime_nana:20201112170712p:plain

装備有り(武道闘用)

f:id:slime_nana:20201112170731p:plain

装備有り(魔獣討伐用)

f:id:slime_nana:20201112170750p:plain

錬成ルート

f:id:slime_nana:20201112172954p:plain

よくある幸運250残り攻撃。素の速さがかなり高いこともあって、武道闘と魔獣討伐両方で戦えるようにしています。
Sランクでコラボ錬成を使うことによって、ディーガンスの攻撃7%を取得。そのため、武道闘用の速さ装備をしていたとしても十分な火力が期待できます。

 

2.装備

武道闘用

f:id:slime_nana:20201112171558p:plain

武道闘では全体攻撃が有用なのでフルアタックLv2を2つ、空いているアビリティ枠にはこれまた武道闘で有用なスウェイクスルーガッツを付与しています。
武道闘用アニマの中で唯一速さ振りをしていないため、少しでも早さを補えるように武道の覇君を贅沢に2つ使いました。

魔獣討伐用

f:id:slime_nana:20201112171803p:plain

魔獣討伐の時は基本普通のパワースマッシュ装備をしています。状況によっては武道闘用装備のまま討伐することも。

 

3.アビリティ

武道闘用

f:id:slime_nana:20201112171915p:plain

フルアタックLv4とパッシブ盛り合わせ。ウィークアイはコラボ錬成(シルバ)で取得したものですが、フェレイルアイ(エンヴィー)の方が強いと思うので5転が来たらフェレイルアイに変更すると思います。

魔獣討伐用

f:id:slime_nana:20201112172056p:plain

よくあるパワースマッシュ型です。状況に応じてガッツの付いているスレンジアームなどに切り替えていたりもします。

 

4.役割

汎用ヒート兼武道闘用アタッカー。ステータス配分・アビリティ共に効率厨が考えたようなものになっているので、自分の大好物です。
武道闘ではうちの子らの中だと最後に動くので掃討要員、魔獣討伐では逆に先制で相手に大ダメージを与えるという動き方が基本になります。耐久力に難がありますが、タンク入り編成か被弾する前に倒し切るスタイルなのであまり気になりません。

以前はブレイブーストLv5を引き継いだブレイブアタッカーという立ち位置でしたが、イブってヒートアタッカーに育て直しました。育て直した理由はただ1つ、獣族のヒートアタッカーが欲しかったから。
自分は元から4体目~8体目の位置を獣族、魔法生物、ゴーレム、無属のアタッカーと決めていて、獣族のみブレイブアタッカーで他属性は皆ヒートアタッカーでした。少し前まではこれで良かったのですが、9月になって事態が急変。
・・・はい、「月チャレンジの実装」です。この月チャレンジの1回目が獣族ヒートアタッカーが理想ということで、ここでブレイブアタッカーの使い勝手の悪さと獣族ヒートアタッカーの必要性に気づき速攻で育て直したという感じです。

「じゃあ別の枠で新しく育てればいいじゃん」と感じる方も居ると思いますが・・・あれです、並び順が・・・ね。
当時は並び順変更が無く、かなり以前から実装要望が多数あったものの追加の気配が全く無かったので、思い切ってイブった次第。多くの方から見たら勿体ないという意見が飛んできそうですが、自分の拘りだったので致し方なし。

 

5.すらいむ式考察法

ここでは、「高速アタッカーの運用法と利点欠点」について語っていきたいと思います。
我が家では速さ振りヒートアタッカーが2体と素の速さが高いシンキロウヒートアタッカーが居ます。この子たちの運用についてですね。

まず一番は武道闘。武道闘は相手より速く動くことのメリットがすさまじいので、高速であることが一番活きる場所と言えるでしょう。
武道闘のアタッカーですが、1体だけが速いのではあまり効果がありません。というのも、1体だけ速くてもガッツで耐えられてしまうため、2体目3体目が相手より速くないと相手の反撃でこっちが壊滅してしまうことがあるからです。
また、相手に回復されると面倒なので、こちら側全員の速さを近い値にして回復する隙を作らないというのも重要なポイントになります。
まあここまでしても運が悪いと避けられまくって負けちゃいますが、間違いなく普通にアタッカーを入れるよりは勝率が高くなります。

次に魔獣討伐。これが意外と使えます。
まず英雄追憶レベルの敵の場合、これはヒートの時点で火力過剰なので速さ振りしていても火力不足と感じることはありません。その上で基本相手より速く動けるので、タンクへの依存度を減らせる(タンク不発しても先殴りで処理ができたり)という点が優秀です。
そして月チャレンジレベルの敵の場合、これは敵のピックヘイトよりも先に動いて邪魔な相手を倒すという動きができなくもないです。どこ狙うかは運になるかもしれませんが、逆に運次第で本来なら先に倒せないところを殴れるというのはメリットですね。
ただし、ピックヘイトの上を取っているということは、ピックヘイト発動した後に全体攻撃を多段当てするという動きができなくなるので、デメリットもあります。

長々と書いてきたように、速さが高いと結構色々なことができます。ただ速さ振りのアタッカーを用意するのは大変だと思うので、〆をファストアクセル持ちにしたり、速さ固有値の高いアニマにしてみたり、速さ装備を入手してみたり・・・というのはいかがでしょうか。

 

5.雑談

はーいまずは恒例の自己紹介からよろしく!

・・・殲滅担当、プロキオン

相変わらず物騒な自己紹介。えープロキオンは我が家の中だと遭遇率ワースト2位の激レア枠です。いつも見ないけど何してるんだい?

任務以外は独りで鍛錬と瞑想をしている。

折角だしそれ皆でやった方が良いと思うけどなあ。まあその話は置いておくとして、プロキオンは自身の型をどう考えてる?

高速高火力リグ、アタッカーの理想形。

無駄なこと嫌いなプロキオンにとっては確かに理想的だろうね。それともう少し喋ってくれないとこっちが辛いんだけど・・・

・・・主の頼みなら致し方ない。善処する。

おーよかった。ちなみに耐久低い点はどう?

全く問題無い。魔獣討伐はタンク併用、武道闘はスルーガッツ、事故時用のリグベイン、それらで対応できない場合はシリウス殿、イルミナ殿、リゲル殿など耐久力があるアタッカーに任せればよい。

最後には潔く諦めるのも重要よね。

拙者一人で全て解決するのは到底不可能。その為の仲間だ。

おーなんかいい感じの話になってる。あそうだ、その仲間とあまり交流してる様子見たことないし、さっき言ってた鍛錬とか今度皆でやってみようよ。

・・・厳しいがそれでも良いのなら。

アタの子ら皆強いからその辺は大丈夫じゃないかな。指導とかよろしく!

承知。

あと今日は忙しいところありがとうね~

礼には及ばぬ。