すらぺでぃあ

すらぺでぃあ

人気?アプリ「7人の賢者と錬金術師(ななれんきん)」の情報をまとめたり考察したりするかもしれないブログです。

すらぺでぃあ

ーおすすめ記事ー




【型紹介】ベテルギウス【アンブラアダプト】

我が家のアニマ紹介(5転生後バージョン)です。

↓旧記事
新規育成のため無し

↓アニマの性格とか紹介

 

1.ステータス

f:id:slime_nana:20211017205733p:plain

f:id:slime_nana:20211017205737p:plain

俺様はベテルギウス!今日は俺様の魅力を余すところなくたっぷりと・・・

<カンペ>
御託は良いからさっさと始めてください

・・・あ?さっさと始めろだって?ったくしゃーねーな。

ステータスは見ての通り、アタッカーのテンプレ振りだ。アタッカーは特攻あるのみ!

 

2.装備

f:id:slime_nana:20211017205742p:plain

装備はレイト付きの傘がメインで、必要だったらガッツやフェレイルを付けている。

この辺の判断は俺様よりシリウスとかの方が詳しいから、基本任せちまってる!攻撃受けないならレイトガン積みだ!

 

3.アビリティ

f:id:slime_nana:20211017205747p:plain

引き継ぎはメルアンブラとアダプトランス!

・・・と言ったはいいが、あまり強くはねえんだよな。現状この組み合わせは異邦ピンポイントみたいなもんだ。

アンブラは全然ダメージが出ねえし、アダプトに比べて出番も少ねえ。

だから、今はただのアダプト要員みたいになってる。アダプト使うだけならヒートやらレイトやら継いだ方が強えんだけどな。他と被るから暫くはこのままなんだと。

 

4.役割

俺様の役割は・・・まあ普通(?)のアダプトアタッカーだ。

普段はアンブラをOFFにして、アダプトとレイトの組み合わせで戦ってる。アダプトとレイトの組み合わせは今更説明することも無えな。知らんって奴はここを読んでくれ。

デバフが必要な時はアンブラをONにして、優先度をアンブラ→レイト→アダプトの順にして使っている。敵が複数体の時はデバフ撒き、1体になったらレイトアダプトってわけだ。

最初は異邦対策として加入したが、今は普通のアダプト要員。アダプトが優秀過ぎるから出番はあるんだが、これから他にもアダプト持ちが加入されると職を失いそうだ。なぜ俺様がこんな不遇な目に・・・

 

5.雑談

まあこんなもんでいいだろ。おい主、終わったぞ!

おーお疲れ。・・・まあ大丈夫じゃないかな?

なんだ、気に食わねえことでもあんのか?

いやー内容はバッチリ合ってるから、あの状況からよく勉強したんだなーって関心したんだけど・・・キャラ大丈夫?

俺様自身が言うのも変だが、パッシブすら知らないのはどう考えても良くねえ。後、自慢したい気持ちは山々だが、こういう場で誇張して伝えんのは違うだろ。

あらやだ真面目。加入当初レグルスに怒られてたのが噓みたい。

あん時は色々全くわかってなかったかんな。最初は俺様が最強だと思ってたが、全然そんなこと無かった!

うちの子ら、強さの面じゃガチガチのガチだからねぇ。

どいつもこいつも強過ぎて威張れるレベルだってのに、皆謙虚っつーか、向上心が有り余ってるっつーか。

ちゃんとその雰囲気に馴染もうとしてる辺り、ベテルギウスも根だいぶ真面目でしょ。

もっとアホな方がいいか?

そういう訳じゃない。

だろうな。お前そういうの嫌いだろ。

あらやだ、ベテルギウスさんメンタリスト?

こんだけアニマの数居てそういったタイプの奴がほぼ居ない時点で誰だってわかんだろ。

なるほど。そうそう、ベテルギウスって一つ間違えれば自分の嫌いなタイプを詰め込んだやべーやつなんだよね。

結果として間違えなかったから大丈夫なんだけどな!ガッハッハ!

ほんといい塩梅に育ってくれて良かった良かった。

でこんな話ばっかでいいのか?

あーそうだね、じゃあベテルギウス的に気になる子居る?

気になるっつーか心配なのはハウトだな。

あー・・・ベテルギウスの方から見てどう?

ありゃだいぶ重症だな。まどろっこしいが、少しずつ慣らしてくしかない。

そうよねぇ。

途中で不信感に潰されなきゃいいが。

あー・・・

ったくめんどくせえ。一体誰に似たんだか。

ごめんなさい。

俺様に繊細な話は似合わねえから、諸々は距離感近いゴーレム組に任せるわ。

・・・結局真面目な話に戻ってきちゃたじゃん。

どうだ?こういった話もちゃんとできる俺様の株が上がったか?

おー上がった上がった。

そりゃ良かった。

じゃあこのくらいで終わりにしとく?

だな。じゃ、紹介はベテルギウスと!

会話相手担当すらいむでした!