すらぺでぃあ

すらぺでぃあ

人気?アプリ「7人の賢者と錬金術師(ななれんきん)」の情報をまとめたり考察したりするかもしれないブログです。

すらぺでぃあ

ーおすすめ記事ー




【解説】アングレイヴ活用術…?

どうもすらいむ(@slime_dual)です。

今回は、2022年の復刻マンキンコラボで実装された「アングレイヴ」について、性能や個人的な評価をまとめました。

 

1.性能

アングレイヴアイコンがある際、致死ダメージを受けると

・攻撃+30%(上限+80%)
・速さ+30%(上限+80%)
・体力10%状態になる
・アイコン消滅
・発動率は20%-35%-50%
※アングレイヴアイコンは毎ターン頭に発動判定

今までに無いタイプですね。性能面で一番近しいのはガッツでしょうか。
ちなみにガッツと一緒に使うと、アングレイヴの方が優先されます。

 

 

2.評価

ぶっちゃけ、ぶっちゃけ弱いかなって思ってます。
厳密には「説明文だけ強そうに見えて全然使えない」系かなって・・・。

アビリティが実装されてから活用方法について色々と考えてはみましたが、自分の脳みそでは思いつきませんでした。

・・・と、これだけ書いても何のこっちゃかわからないと思うので、自分が何故このような結論に至ったかをまずは説明します。

 

2-1.性能自体は強い

アビリティの説明を見る限りだと、ガッツの上位互換のような性能をしています。

・体力が半分以下でも発動する
・致死ダメージを受けた後のちょっとした攻撃にも対応できる
・ついでに能力が上昇する

の3点がガッツとの違いですね。どれもガッツと比べると優秀そうに見えます。

 

2-2.発動率が低い

これが最大の問題です。Lv3まで積んでも発動率は50%にしかなりません。
一見、最近強いとよく言われているメテオと同じ発動率じゃん、となりますが、メテオとアングレは性質が全然違います

アングレは「発動しないと編成が崩壊する」タイプのアビリティだと考えています。
他にこのタイプのアビリティを挙げるとすれば、ピックヘイト、スタンドショー、ガッツ、回復系アビリティ辺りでしょうか。

パワスマのようなアタッカーのアビリティは、1回不発した程度ではどうともなりません。それに対し、先程挙げたようなアビリティは、1回不発するだけで負けに直結しうるようなアビリティになります。
当然ですが、不発した時の影響が大きいアビリティ程高発動率であることが重要になります。スタンドショーやカインドヒールが優秀なのは、発動率が90%あることが大きいと考えています。

となると、如何にこの「発動率50%」が良くないことなのかが分かっていただけるかと思います。発動しなかったら倒れるようなアビリティでこの発動率は正直しょうもないです。

 

 

3.型検討のポイント

と、散々アングレの良くないところを書いてきましたが、それらを踏まえてどう活かすべきかを考えてみました。(あくまで個人の感想です)

 

3-1.不発動ケアをする

これはメテオの単独記事でも書きましたが、発動しなかった時のケアをする(発動しなくても大丈夫な型にする)ことが大切だと思います。特にアングレは1回の不発動が命取りですので。

そうなると、必然的にガッツとの併用になります。スルーもあった方が良いでしょう。

ここで1つ問題になるのは、ガッツを持たせる=回復が必要になるということです。
回復が必要になるとどうなるか。まず「回復が無くても耐えられる」というアングレの利点が活きません。

そしてカインドヒールを用いる場合、バフ上限の関係でアングレで上昇した攻撃力をカインドヒールで下げてしまうことになります。
(アングレは80%が上限、カインドは60%が上限なので、アングレで80%になった後カインドが入ると60%まで下がってしまいます)

じゃあカインドじゃなくヒールオールを使うかと言われると、まあアングレの為だけにヒールオールを採用するのはちょっとなぁと思ってしまいます。

と、不発動ケアをしようとするとアングレの良さが潰れる、というのが悩ましい点です。かといって不発動ケアをしない運用はどうかと思うので、自分は目を瞑ることにしました。

 

3-2.ただの保険で積まない

ただ被弾した時の保険としてアタッカーなどに積む、というのも無しではないのかもしれませんが、引き継ぎの1枠を使ってまですることではないというのが個人的な考えです。

そもそも50%でしか発動しないアビリティが保険になるのかって話もありますし・・・。

 

 

4.型案

4-1.アタッカー

ゾンビ戦法をする前提でアングレを積み、アングレが発動したら攻撃UP、アングレが発動しなくても装飾品のガッツで耐えられる、という感じです。

ゾンビ戦法前提アタッカーの為、それ以外の場合はあまり活きないアビリティ(たまたま出たらラッキー程度)になります。

(もう片方の引き継ぎは、アングレが無くても働けるヒートやアダプト辺りでしょうか)

 

4-2.スタンド

不発動ケアをしない場合の選択肢。ステータスは攻撃振り。

敵が単体攻撃かつ1回行動の際、スタンド+アングレで耐えながら耐え役も殴り、一刻も早く敵を倒し切るというスタンスです。アングレが不発する前に殴り飛ばせってことですね。

一見良さそうなんですが、前提条件があるので出番が来うるのかはわかりません。
(一応スタンと合わせれば2回行動にも対応できますが、低確率発動のアビリティが多くなり粘るのが大変そうです)

 

 

5.終わりに

以上がアングレイヴの考察でした。
参考になるような代物かは不明ですが、悩んでいる方の助けに少しでもなれれば幸いです。

それでは、ここまで読んでくださりありがとうございました!