すらぺでぃあ

すらぺでぃあ

人気?アプリ「7人の賢者と錬金術師(ななれんきん)」の情報をまとめたり考察したりするかもしれないブログです。

すらぺでぃあ

ーおすすめ記事ー




【攻略】異邦・異教の業攻略

どうもすらいむ(@slime_dual)です。

今回は異邦の業・異教の業の100%攻略記事となります。

 

1.倒す意義について

異邦は2021年7月、異教は2022年9月にそれぞれ恒常実装となりました。

今まではただの自己満足だと思われていましたが、100%を倒すとタグが落ちることが判明し、倒す意義が増えました。
(タグは確定で落ちるわけではなく、確率です)

しかもこのタグがかっこいいんですよね。コレクション欲を刺激されます。

 

 

2.100%の難易度について

現時点ではななれん界の討伐難易度トップ2。

魔獣チャレンジやイベントPPPなんかとは比べ物にならない難易度で、異邦異教対策のアニマを育てないと全く太刀打ちできない難易度です。
(後の方で詳しく解説しますが、異邦よりは異教の方が楽です)

 

 

3.必要なもの

討伐において必要なものは以下。

・大量のrin(%上げる用)
・大量の虹羽(リアルマネー)
・大量のビスケット
・部隊アビリティ(攻防)
・勝利するための祈祷力
・タグを引くための祈祷力
・強い友人
諦めない心

(※タンクの人のみ部隊を分けて、アタッカーの方は攻撃幸運、タンクの方は防御幸運なり防御速さなりを炊くのもアリです)

 

4.編成

異邦と異教は属性こそ違いますが、対処法はほぼ同じなので同じ編成で戦うことができます。
基本的な編成は下記。

・アダプト×2
・アンブラ×1
・タンク×1

それぞれ必要なアビリティや考え方についてはこの後詳しく解説します。

 

アダプト

メイン火力です。アダプトが必要な理由は、本体がアンテクストを所持しているからですね。
アビリティ構成は、

    必須:レイト、アダプト
    推奨:ガッツ
異邦のみ必須:フェレイルアイ

です。
理想はレイトアダプト継ぎ、装飾品でガッツを付けつつ残りを攻撃5%で埋める形です。ヒートアダプトでも勝てなくはないですがレイト継ぎの方が断然良いです。

〆はSS5凸必須、アクトやメテオのような攻撃上昇アビリティ持ちを〆にすると若干勝率が上がります。

 

アンブラ

敵の攻撃や防御を落としてサポートする役割です。
アビリティ構成は、

 必須:アンブラ
 推奨:レスト、ガッツ
準推奨:アダプト、アライブ

です。
引継ぎパターンがいくつかあるので、それぞれ解説していきます。

アンブラ+レスト

デバフ特化タイプですね。現時点では理想の引継ぎです。
ステータスはアタッカー同様攻撃幸運、アダプトアタッカーより速いことが望ましいです。

アンブラ+アダプト

装飾品でレイトを持たせ、敵が1体になった時アタッカーとして参戦できます。
ステータスはアタッカー同様攻撃幸運、アダプトアタッカーより速いことが望ましいです。

アンブラ+アライブ

タンクにアライブを積めない際の選択肢です。
ステータスは攻撃振りが望ましいです。

 

タンク

異邦・異教対策の肝になる部分です。
アビリティ構成としては、

 必須:ブライト
 推奨:アライブ
準推奨:スタンス

です。ブライトが必須というところが特殊ですね。
ブライトが必要な理由は、敵本体がブライト持ちだからです。アンブラを入れはしますがブライトの上昇速度の方が上なので、先制を維持できるようにという訳です。

ステータスは速さ2,400くらいで残り防御、アライブを積めない場合はアンブラ要員にアライブを積んであげてください。
(アライブ無しと有りでは雲泥の差があるので、アライブ無しで挑もうとするのは大変危険です)

ここは多くの方にとって新規育成が必要なところであり、異邦異教の挑戦難易度を跳ね上げている原因だと思います。

 

 

5.どちらからチャレンジするべきか

異邦と異教どちらからチャレンジするべきかですが、異教の方が勝ちやすくタグが落ちやすい(体感)ので、基本的には異教の方からチャレンジすることをおすすめします。

異教が楽な理由ですが、

・ステータスが全体的に異邦よりマシ
・お供がスタンド持ちなのでアイ系が不要
・アビリティ構成も異邦よりマシ

といったことが挙げられます。

 

 

6.勝率のラインについて

挑戦される場合は、その前に討伐シミュにて勝率を確認しておくことをおすすめします。
(勝てるだろと思っていたけど実際は勝率0.5%だった、なんて後から判明したら発狂しますし)

勝率のラインですが、

異教:5%くらいは欲しい、1%切ってたら流石にキツい
異邦:3%くらいは欲しい、1%切ってたら流石にキツい

という感じです。
・・・数%の勝率でタグが落ちるかは運。異邦異教の沼度合がわかりますね。

 

 

7.すらいむの挑戦結果

自分は2日間かけて異邦異教のタグを入手しました。その時どの程度かかったのかをまとめました。

異教の業

知人の協力もあり、3勝目(4枠)でドロップしました。相方は8枠で2個ドロップしていたのでドロップ率は中々高そうです。

異邦の業

12勝目(33枠)でドロップ、勝率が2%前後だったため虹羽は500枚以上使用しました。地獄ですね。
あくまで体感ですが、異教よりだいぶタグドロップ率が渋い気がしています。