すらぺでぃあ

すらぺでぃあ

人気?アプリ「7人の賢者と錬金術師(ななれんきん)」の情報をまとめたり考察したりするかもしれないブログです。

すらぺでぃあ

ーおすすめ記事ー




【月末振り返り】2022年2月編-part2

どうもすらいむ(@slime_dual)です。
我がアニマたちによる毎月の振り返り記事のオマケ(後日談や雑談)です。

↓我が家のアニマ紹介はこちら

↓part1(本編)はこちら

 

お説教

さて、何か言い残すことはあるー?

な、なんでこんなことに・・・

そんなこともわからないのかなー?

うぅ・・・

・・・はぁ。ほんと付き合い方が下手だよねー

あれは流石に向こうも悪いと思うんだが。

確かにソルさんは色々堅そうだけど、それに対して意固地になる必要は無いんじゃないー?

俺様だって納得いかないことをそのまま飲み込むわけにはいかねえんだよ。

気持ちはわかるけどさー。それならせめて皆の居る場じゃなく、個人的に後でやればいいんじゃないのー?

そ、それはそうだが。

すーぐ頭に血が昇るのが良くないよねー。真面目な時は真面目にやれるんだから、後は衝動で動かなければいいだけなのにー

それがすんなりできるなら苦労はしねえよ。お前はどうしてるんだ?

特に意識なんてしてないけど・・・そうだねー、例えばその場で衝動的に言い返すのと、じっくり考えた後反論するのだと、どっちの方が論破しやすいと思う―?

そんなの、考えた後に決まってるじゃねえか。

そうだよねー。ならその場でじゃなく考えてから反論するのが合理的なんじゃないのー?

・・・確かに。

そういうことだよー。後でじっくり考えれば納得できることもあるだろうし、時間を置くってそんなに悪いことじゃないと思うよー

そうか。次からはそうしてみよう。

良い心がけだねー。それと、後でソルさんとシリウスさんには謝りに行った方がいいんじゃないー?

うっ

・・・そんなに謝罪するのが嫌ー?

シリウスはいいんだが、ソルとはまた喧嘩になりそうだ。

それならシリウスさんの居るところでやればいいんじゃないー?立ち合い居ると少しはマシだろうしー

そうだな。そうしてみるか。

このままだと気まずいままだから、さっさと解決してねー

わかった。ありがとうな。

はーい

 

ソルとシリウス

シリウスよ、少し良いか?

ああ。・・・さっきのことか?

それもある。あれは我が悪かったのか?

相性の問題が大きいと思う。俺だってああ言われたらソルと似たような返しをするだろう。俺の場合は冗談半分でだが。

・・・

言葉尻を捕らえるのは嫌われやすい行為でもある。それを冗談一切抜きで言っていたら尚更だな。

では、どう対処するのが正解か、シリウスの意見を聞きたい。

まず言われたことをどれだけ気にするかだな。気にしないなら相手の意見を尊重するような対応、さっきの話だと適当に「そうなのか、理解した」みたいに流せばいい。

・・・

気にするなら一度「わかった」と言って引き下がり、後で決着を付ければいい。あの場は全員が居るから、言い争いをすると全員を巻き込みかねない。

成程。次回からそうさせてもらう。

おう。・・・これは想像なんだが、ソルは明確な理由や根拠を欲するタイプなんじゃないか?

そうだな。納得できぬことを行いたくはない。

それなら、今後も疑問に感じることや納得できないことがあった時は聞いてくれ。角が立つような内容であれば、俺なり主なりに聞いてもらえれば変なことにはならないはずだ。

・・・

俺なんかは今の環境に慣れてしまったから疑問はそう多くないが、ソルのような新入りの立場だと色々思うこともあるだろう。その疑問が仕組みを見直すきっかけにもなりうるから、俺や主に対してなら思ったことを好きに言ってもらって構わない。

であれば、1点良いか?

おう。

此処での訓練についてだ。少なからず実践を行う必要はあるが、考えれば結論の出る物事に関しては時間を割く必要は無いのではないか?

あー・・・例えばなんだが、ソルはアビリティについてどの程度理解している?

ふむ。ほぼ全ての性能を理解しているが、この程度常識の範囲内だろう。

なるほど。さっきの会議中の話を聞いていても感じていたんだが、ソルは我が家の中だとトップクラスで頭が良い。

・・・

確かにソル基準であれば大体のことは考えれば解決するだろう。だが、我が家には良く言えば感覚派、悪く言えばまあ脳筋のようなタイプも居る。

そうなのか。

そういう奴らも含めて「認識を揃える」のであれば、実践が最も手っ取り早いと判断し今の形態となっている。

成程。理解した。

理解が早くて助かる。

・・・これは俺からのお願いなんだが、我が家のアニマ達の個性というのもある程度尊重してほしい。

個性、か。

ソルが疑問に感じることの中には、今のように解決が難しいものや不可能なものもある。それは大体我々の得意不得意や個性によるものだから、それを否定しないでほしいということだ。

・・・努力する。シリウスは組織運営の経験があるのか?

ここ3年間ほどやってるだけだからお世辞でも経験とは言えないな。それに、この考え方はレグルスやイルミナの意見だから受け売りなんだよ。

・・・

ま、そういう意見とかも含め色んな奴がいる。数がだいぶ多いが、時間がある時にでも色々話を聞いてみると違う価値観に出会えて新鮮かもしれないな。・・・と、説教じみた感じになってしまって悪かった。そろそろ向こうへ・・・

 

おい、今大丈夫か?

・・・丁度話が終わったところだから俺は問題無い。

問題無い。

 

和解・・・?

・・・

・・・

えーっとだな、さっきは悪かった。俺は頭に血が昇るとすぐカッとなっちまうんだ。

・・・シリウス、これが先程の個性というものか。

その認識で概ね問題無い。ベテルギウスは少し物事を先走るようなことはあるが、根が真面目でよく真面目じゃねえかと弄られてるくらいだ。

おい余計なこと吹き込むな。

・・・そうか。我も鋭く言い過ぎたようだ。申し訳ない。

よしよし、これで和解成立だな!

想像してたよりだいぶアッサリだな。

これからもぶつかることがありそうだが、仲間としてよろしくな!

ああ。こちらこそ。

 

はぁ・・・

何故ため息をついている。

また言い争いになるんじゃねえかと思って身構えてたんだよ。

・・・個性の尊重。先程シリウス殿に教わったことだ。

おお、シリウスもやるじゃねえか。

それはお前にも言えたことだからな。

そう言うシリウスだってカリーナのことガン否定してたじゃねえか。

それを言われると返す言葉も無いんだが、あれは少々例外ということにしてもらえると助かる。

お、おう。

 

カリーナと魔獣の話

カリーナはおいらたちと違って別の世界出身だそうじゃな。

ええ。黒いの・・・シリウス達の元居た世界と同じね。

シリウスを追って来たんじゃろ?だいぶ不思議じゃ。

シリウスがキレるのもわかる気がするわ。

・・・少し前から気になっていたのだけど、あなたたちは元々独りで暮らしていたのよね。

そうじゃ。おいらが山暮らし、ベテルギウスが火山暮らし、デネボラは塔としてだったか?

合ってるぞ。

うむ!

その前はどうしていたの?

前って・・・おいらは生まれた時から山暮らしじゃ。

でもアニマって錬金術師が創らないとそもそも生まれないでしょう?

・・・

・・・わからない。思い出そうとしても靄がかかったようじゃ。

何かが思い出すのを拒んでいるのかしらね。

 

もうその辺でよいじゃろう。過去を振り返ったところで何かが変わる訳でもあるまい。

・・・何か知っていそうな口ぶりだけど、もしかして

辞めんか!ワシから話すことなど何も無い!

・・・ふーん。まあいいわ。無理して聞き出す程のことでもないし。

 

ふぅ。

おいら、ちょっと頭が痛いから寝てくる。

俺様もなんかムカムカしてるから今日は少し休んでもいいか?

わかった。シリウス達へはワシの方から伝えておこう。

 

・・・全く、デリカシーの欠片も無い。地雷の判断くらい臨機応変にして欲しいものじゃ!

 

ハウトとポルックス

・・・はぁ

・・・

おっ、お疲れ。独りで晩酌してたんだが、一杯飲むか?

・・・貰う。

 

お疲れ様。

お疲れ様。

最近どうだ?

・・・数が増えて煩い。

それは同感だ。ったく後先考えずに増やしまくりやがって。

・・・

そういえば以前カペラに聞いた話なんだが・・・昔も数が増えたり減ったり激しかったみたいだな。

・・・詳しくは知らない。けど、見覚えの無い奴がよく増えていた、気がする。

そうか。・・・話したくないことだったら無理にとは言わないが、昔カペラのところに居た時の話、聞いてもいいか?

・・・別に、良い。

ありがとう。生活ってどんな感じだったんだ?

お世辞にも良い環境では無かった。最低限雨風を凌げる場所と食料があるだけだ。

・・・

それでも、その辺で野垂れ死ぬよりはマシなんだろうな。

・・・

どうした?

いや、全然想像できなくて。そんな中で生活していたハウトは凄いと思う。

・・・俺はなにもできなかった。ただの穀潰しだ。

そんなこと・・・

ある。俺だけじゃない、何の役にも立たない奴らは沢山居た。

・・・そうか。

・・・

それでも、今のハウトは違う。大変な思いをしても、それを乗り越えている、と思う。

・・・ありがとう。

おう。

 

ルーナと???

イルミナの場合

あっイルミナさんお疲れ様です!!

む、ルーナか。お疲れ様。何か用か?

はいっ!今手が空いたので、何かお手伝いできないかなと思いまして!

そうか。では、昼ご飯のため机の掃除と配膳を手伝ってもらっても良いか?

はい!何なりと!!

とても助かる。では、まずは机を拭くところからだな。布巾は向こうにあるものを使ってくれ。

わかりました!!

 

ここでの生活は楽しいか?

はいっ!とっても楽しいです!

私、皆さんに憧れて、仲間に加わりたくてたくさん鍛錬してきたので夢みたいです!!

そうか。それは良かった。

イルミナさんの優しさと先頭に立って戦う姿が大好きです!!

面と向かって言われると照れるな。ありがとう。・・・む、ここの席は皿が少ないな。

あっごめんなさい!すぐ持ってきます!!

急ぐと怪我をするから、焦らなくて大丈夫だ。

はいっ!!

 

アルデバランの場合

あわわわ、訓練に遅刻しちゃう・・・!急がないと!!

 

<曲がり角>

 

ここを曲がればもうすぐ・・・うわっ!

うおっ!だ、大丈夫か?やけに急いでいるようじゃが。

あっ・・・ごごごごめんなさい!訓練の時間に遅れちゃうと思って・・・!

なるほどな。少し遅れるくらいなら大丈夫じゃ。それより余計な怪我をするかもしれない方が問題じゃよ。

本当にごめんなさい!アルデバランさんにもご迷惑をおかけしちゃって・・・

おいらは大丈夫じゃ!ルーナの方も大丈夫か?

・・・!は、ははい!私は大丈夫です!とっても元気です!!!

お、それなら良かった。それじゃ、おいらはこの後予定があるけ、訓練頑張ってな!

ありがとうございます・・・!

 

 

 

・・・・・