すらぺでぃあ

すらぺでぃあ

人気?アプリ「7人の賢者と錬金術師(ななれんきん)」の情報をまとめたり考察したりするかもしれないブログです。

すらぺでぃあ

ーおすすめ記事ー




【月末振り返り】2021年12月編-part5

どうもすらいむ(@slime_dual)です。
我がアニマたちによる毎月の振り返り記事になります。

↓我が家のアニマ紹介はこちら

 

本記事は12月振り返り本編(part3)の後、後日談のようなものです。各グループでの会話となります。

 

竜アタッカー

はぁ・・・

あの後から露骨に元気無えけど大丈夫かよ。

どうしたの?悩み事なら聞くよ?

テメエの所為だアホ。

あら、そうだったの。

白々しい態度しやがって・・・

怒っているシリウスも珍しい。

めちゃくちゃ敵視してるみたいだけどよ、一体何があったんだ?

・・・しなきゃいけねえよな。

やりたくないなら私がやりましょうか?

それは事実が捻じ曲がって伝わるから困る。

ならちゃんとやりなさいよ、リーダーなんでしょ?

・・・はぁ。

さっさと吐いて楽になっちまえよ。すげえめんどい。

うむ。

 

シリウスとカリーナの昔話

わーったよ。俺とコイツが知り合ったのは数百年前、当時は闇竜の俺と聖竜のコイツで派閥争いという名の殺し合いをしていた。

そうね。

んで、殺し損なったコイツは何を思ったか俺に付きまとうようになり、しょっちゅう住居侵入をだな

確かに数年おきに遊びに行っていたけれど、あの時はそう拒絶もしていなかったじゃない。

それは相手するのも面倒だっただけだ。

 

なんで殺し合ってた奴のところに遊び行くようになったんだよ。

たまたま空飛んでたら見つけたから?後は余生の暇つぶしね。

適当じゃねえか。

派手に争った後は、大体のことは適当になってしまうものよ。ね?

そこで俺に振るな。

 

カリーナを敵視する理由

今の話を聞いている限り、シリウスが何故あそこまで敵視していたかがわからぬのだが。

何だかんだそこまで仲悪そうには見えねえんだよな。

あー・・・そこまで仲悪くないってのはまあそうなんだが、コイツ全身地雷原だからうちに置いときたくない。

あら酷い。でも変なことをする気はまだ無いから。ココに来たのも単なる興味本位だし。

全く信用ならん。・・・とはいえ、来てしまったものは仕方ないのか。

まあ今すぐどうこうならねえならいいんじゃねえのか?

はぁ・・・。お願いだから面倒事は引き起こさないでくれ。

それはもちろん。善処、ね。

 

サツイの波動

それからイルミナ、さっきはありがとうな。

いつものシリウスでは無かったからな。少々手荒だったがああするしか無いと思った。

助かった。コイツが居ると昔を思い出して俺の方も荒れかねない。注意しねえとな。

あのなんだ、殺意の籠った眼、怖すぎるんだけど。

普段出ないようには気を付ける。すまない。

 

 

ふふ、面白い。こっちに来るのは色々大変だったけど、来た甲斐があったわ。

 

無属アタッカー

我々は変わりませんね。

無属と魔法は増えにくいからねー

 

男性陣について

・・・

・・・そういえば、僕らってあまり自身のことを表に出さないよねー

そうですね。私もシャウラさんも、傍観者側で居ることが多いですから。

でも、色々感じてることとかあるんでしょー?

それは例えば?

んー、例えば、我が家の男性陣についてどう思ってるか、とかさー

・・・成程。

先月までは2人のうちの1人だったわけだし、もう片方は彼氏持ちだしさー

言いたいことは把握しましたが、面白いお話はできませんよ?

じゃあシリウスさんはー?

彼は・・・生活力に難有りですね。

確かに、何もやること無い時はずっと寝てるしねー。それじゃあレグルスさんはー?

彼は縛られることを嫌いますから。そういった色恋沙汰に興味は無さそうです。

なるほどー。それじゃイルミナさんはー?

あの方は主一筋ですから。

あー・・・逆に、恋愛できそうな子って誰だと思うー?

それ以外は概ね・・・主の影響もあるのでしょうが、不器用な方が多いように見受けられます。

ちなみにスピカはしっかりしている方が好みー?

私は・・・私自身がしっかりしている側だと思いますので、釣り合いとしては多少不器用な方が合うのでしょうか。

そこでバランス考え出すから色恋に発展しないんだろうなー

ですね。ところでシャウラさんはエルナトさんのことを特に気にかけておられるようですが、何かあるのですか?

あーそれ聞くー?

宜しければ。

 

シャウラとエルナト

昔から一方的に知ってて、良い環境に来られて良かったって感じかなー

保護者目線ですね。

そうそう。彼はこれからも踏み外すことなく、真っ直ぐ成長してほしいっていうのが僕の感想。直接干渉したい訳じゃないから、今は見てるだけだねー

成程。貴重なお話、ありがとうございます。

こちらこそー。

 

獣アタッカー

そういや、ハダルはアタッカー初じゃろ?良ければこの後軽く鍛錬でもするか?

おお、早くアタッカーの仕事に慣れたいからな、宜しく頼む。

拙者も同席させてもらう。

あ、私も一緒に良いですか!!

もちろんじゃ!そういえばハダルは昔訓練担当してたんじゃったか?

以前の組織でそのような役割だったと聞いている。アタッカーに関する知見は十分あるのではないか?

確かに以前居たボスの組織では訓練担当をしていたが、組織と此処はあまりにも違う環境だからな。初心者と考えてもらって構わない。

承知した。

 

魔獣時代のハダル

そんなに変わるものなんですか?

ふむ、まず此処はとても環境が良い。潤沢な資金と知識があるからこそ、様々な事象に対しても柔軟に対応が可能だ。

プロキオンが主導で頑張っているお陰じゃな。

シリウス殿の下地があってこそ。拙者はそれを継いだに過ぎない。

それでも凄いことだと思いますっ!

儂もそう思う。それに対し、魔獣側は限られた資金、統率が十分に取れず、目的意識が明確ではない中で対処しなければならない。

思ってたよりきつそうじゃ。

知識や志が異なっていては正しく統率も取れぬ。そのような環境で指導者側に立つのは大変であっただろう。

確かに大変ではあったが、型は基本アタッカーのみ、頭を使うタンク系の役職は幹部以上が行うようにしていたからそこまで煩雑では無かった。最も、資金が限られていた為殆どは初歩的な内容のみの教育だった。

成程。初歩的且つ固定の内容であれば労力も少なく済む、と。

私も早く皆さんと同じくらいのレベルになれるよう、鍛錬しまくらないといけませんね!!

加入後すぐは難しいだろう。少しずつ慣れて行けば問題無い。

おいらやハダルも加入からまだ半年くらいじゃけ、無理しなくても何とかなると思うぞ。

そうだな。自身のペースで問題無いだろう。

先輩方・・・一生ついていきます!!

 

プロキオンの仕事量

そういや話は変わるが、プロキオン殿の仕事、やけに多くはないか?

確かに、日々大変そうじゃ。

日々の戦闘、戦闘訓練、外部調査、獣アタッカーリーダー、この程度であれば問題無い。

いやいや、おいらたちと比べてやること多過ぎじゃ!

儂らで負担できることもあるだろう。可能なものはこちらに渡せぬか?

走り回っての調査なら私でもやれるかと!

おいらも考えるのは苦手じゃが、足で情報集めるのはやれそうじゃ!

・・・感謝する。では、アルデバランとルーナは情報収集を、ハダルは訓練の補助を頼んでも良いか?

承知じゃ!

わかりましたっ!!

承知した。また後で詳しく相談させてほしい。

 

(仲間に恵まれたようだ。)
では、そろそろ体を動かそう。

よっ待ってました!

おいらの本領じゃ!ハダルよ覚悟ー!

うおっ・・・中々やるな。こちらも本気で行かせてもらう。

若手だけど実力では負けませんよー!!

 

血の気が多いのは・・・仕方あるまい。

 

魔法アタッカー

あ、えっと、よろしくお願いします・・・!

よろしくなのー

 

・・・

 

・・・

 

うぅ・・・

 

飴さん、食べる?

あ、い、いいんですか?ありがとうございます!

 

あ、無くなっちゃったの

えっ、ご、ごめんなさい!

また買えばいいの。きつねさんはわるくないの

そ、そうですか・・・?

 

あ、あの!

どうしたの?

良ければ、一緒にお菓子、買いに行きませんか・・・?

 

・・・

 

あ、無理にとは言わないので・・・

きつねさんとおかいものーおそといくのー

は、はい!

 

ミラさんは、これまで一人で買い物していたんですか?

かぼちゃさんたちといってたのー

あ、そうなんですね。そういえば、今は居ないみたいですけど・・・

他の子のところに、あそびにいったみたいなの。

な、なるほど。

 

ちょうちょさんー

あ、そっちは逆で・・・ま、待ってください!

 

やっと着きました・・・

おかしー

 

あの、迷子になると、困りますよ!

わかったの。きつねさんのしっぽ、つかんどくの。

ひっ・・・わ、わかりました!行きましょう!

 

たくさんかえたのー

これでしばらくは持ちそうですね!

ちょっとねむく、なってきたの

そ、それじゃ、急いで帰りましょうか!

そうするのー

 

zzz・・・

上で寝てて、う、動けない・・・

 

ゴーレムアタッカー

わーい!たかーい!

エルナト げんきだね

つぎはおそらとぶのがもくひょーなんだー!

エルナトなら できるよ

 

・・・

あっハウトおにいちゃんもいっしょにあそぼう!

あ゛?

えっ・・・ご、ごめんなさい

・・・

 

ハウト、さん。もしかして、ぼくのこと嫌い?

・・・それは

・・・うぅ

 

ハウト

・・・なん、だよ

僕は 皆で 仲良くしたい

・・・

だから 良くないことが あったら 言って 頑張って 直す

ぼ、ぼくも・・・嫌われないように・・・

 

エルナトも、リゲルも、悪くない。

えっ?

悪いのは、俺だから。

・・・

 

ハウト

なんだよ。

悩み 聞きたい

・・・

ハウトのこと もっと知りたい

・・・

だめ かな

 

少し、だけなら。

ぼくも、いい?

ああ。

 

俺は、捨てられたんだ。昔の、主に。

主にも、兄弟にも、裏切られて。

・・・

 

だから、もう、誰のことも、信じないって決めた。

そうすれば、あの痛みを、もう二度と味わわなくて、済むから。

うん

 

でも、ここにいると、信じたくなる。

信じたくなる自分が、嫌になる。

また同じことの、繰り返しかもしれないのに。

・・・ハウトおにいちゃん

 

どうしたらいいか、わからない。

怖いし。辛いし。痛い。

・・・おにいちゃん

 

なんで泣いてるの。エルナト、関係無いのに。

だって、ハウトおにいちゃん、なんにもわるくないのに

・・・見た目が気に食わないだとよ。

えっ・・・

こんなはずじゃなかった。気持ち悪い。そう何度も聞かされた。

僕・・・俺には、どうしようもないこと。

 

ハウト

・・・なに。

ここの皆なら 大丈夫

・・・

今は 難しいかも しれない

だけど 皆 仲間想い だから

・・・

 

ハウトおにいちゃん。きょう、いっしょにおほしさま見にいきたい。

だめ、かな?

なんで・・・

むかし、おともだちと見たとき、すっごくきれいで、キラキラしてて、とくべつだったんだ。

・・・

おともだちとは、はなればなれになっちゃったけど、つながってる気がする。

 

・・・わかった。

やったー!

僕も 行っていい?

ああ。

ぼく、れじゃーしーとさがしてくる!

手伝う

・・・俺も、行く。

わーい!じゅんびも楽しいね!