すらぺでぃあ

すらぺでぃあ

人気?アプリ「7人の賢者と錬金術師(ななれんきん)」の情報をまとめたり考察したりするかもしれないブログです。

すらぺでぃあ

ーおすすめ記事ー




【解説】プロメアコラボ追加アビリティの解説・考察

どうもすらいむ(@slime_dual)です。

現在開催中の「プロメアコラボ」で実装された新アビリティについての調査が大体終わりましたので、性能の詳しい解説や評価を行っていきます。

評価については、すらいむの個人的な考えたっぷりかつあくまで現状のものなので、今後の環境次第では大きく変わってくる可能性があります。鵜呑みにはせず参考程度、かつ自己責任でお願い致します。

 

1.アビリティ略称一覧

一覧を開く

アクト  :セットアクト
アンブラ :メルアンブラ
カインド :カインドヒール
スタンス :セットスタンス
スマッシュ:パワースマッシュ
パニッシュ:パニッシュメント
ヒート  :ヒートブレイブ
ファスト :ファストアクセル
ブライト :ブライトセンス
ブレイク :ブレイクアーマー
ブロー  :レストブロー
ヘイト  :ピックヘイト
メテオ  :メテオブレイブ
ライズ  :ライズフェンス
ラッド  :ラッドインパク

 

2.メテオブレイズ

性能

先制効果

・発動ターンのみ、自身の攻撃+30%、防御-30%

・発動率:30-40-50

 

性能解説・補足

先制効果
<<その名の通り、行動順が一番最初になる
<<メテオが複数体居る場合は速さ順
<<順番を入れ替えるだけのため、行動回数が増えるようなことは無し
<<行動時に発動するタイプのアビリティ(スマッシュヘイトなど)は通常通り発動

・発動ターンのみ、自身の攻撃+30%、防御-30%
<<戦闘中に変動するバフ効果ではなく、従来のヒートアクトのような扱い
<<専用アイコン付与の為、他のバフアビリティの邪魔をしない

・発動率:30-40-50
<<これまでに無かった「低確率高性能」タイプ

 

性能評価

先制効果
<<現状唯一無二の性能
<<敵編成(やりたいこと)を正面から破壊し得る

・発動ターンのみ、自身の攻撃+30%、防御-30%
<<かなり変動激しい
<<攻撃変化に関しては、期待値上4体編成のアクトLv3(確定15%上昇)と同じ
<<防御変化はかなりキツい

・発動率:30-40-50
<<最大レベルで五分五分なのでかなり低い
<<性能が高すぎるのでこの確率は妥当

 

総評

めっちゃ強いです

ただし、現環境で必須という程の強さではありません。現状では「あると便利」くらいの立ち位置かなと考えています。

 

誰に積むべきか

基本的にはアタッカーに搭載し、火力上昇や先制攻撃を狙う形が多くなると思います。
かなり優秀な性能ですが、発動率が低いため「メテオが発動する前提での構築」はあまりおすすめできません。出たらラッキーくらいの考えの方が良さそうです。

武道闘で運用する場合についても、アビリティの発動を過信せず、従来通り速さ振りやブライトファストといった速さ上昇アビリティとの併用が望ましいのではないかと考えています。

また、先制効果を目的としてタンクに積むという案もありますが、防御低下が激しいこと、発動率が低いことから微妙なのではないかと考えています。
速さ面での対応範囲は広がりますが、それが防御30%減少と見合っているかと言われると・・・今後の環境次第ですね。

※詳細

以下は敵と味方のタンクメテオを持っているか否か、速さ勝ちしているか否かで場合分けをし、「相手より先に行動できる確率」を記載しました。

・相手メテオ無、速度勝ち
メテオ無:100%
メテオ有:100%

・相手メテオ無、速度負け
メテオ無:0%
メテオ有:50%

・相手メテオ有、速度勝ち
メテオ無:50%
メテオ有:75%

・相手メテオ有、速度負け
メテオ無:0%
メテオ有:25%

 

すらいむ流育成

とりあえず竜ヒートに積みました。
狙って出るような確率ではないので、メテオが無くても働けるように、という考えです。
(元々ヒート攻撃5%継ぎの子だったので、自分の中では順当に強化された感覚です)

 

 

3.アライブシップ

性能

発動ターンのみ、味方全体の攻撃防御+15%
※速さは現状増加しない(不具合)

発動率:60-80-100

 

性能解説・補足

発動ターンのみ、味方全体の攻撃防御+15%
※速さは現状増加しない(不具合)
<<戦闘中に変動するバフ効果ではなく、従来のヒートアクトのような扱い
<<専用アイコン付与の為、他のバフアビリティの邪魔をしない
<<アライブ持ちが2体以上居ても、かかるバフは1つまで

発動率:60-80-100
<<アクトスタンスと同様の発動率

 

性能評価

発動ターンのみ、味方全体の攻撃防御+15%
※速さは現状増加しない(不具合)
<<上昇量はまあまあ大きめ
<<他バフの邪魔をしない点が優秀

発動率:60-80-100
<<確定発動はズルい
<<単体スペックで比較するとセット系の完全上位互換
<<錬成の数が足りない場合、Lv2運用もアリ

 

総評

めっちゃ強いです

ただし、現環境で必須という程の強さではありません。現状では「あると便利」くらいの立ち位置かなと考えています。

強敵相手に虹羽や部隊アビリティを使わず倒すような場合に特に有効だと思います。
(逆に虹羽や部隊アビリティを使う場合はそこまでアライブの恩恵が大きくならないかなと)

 

誰に積むべきか

有識者の間でも意見がバラッバラです。なので誰に積んでも仕事はしてくれそうかなという感じです。

今考えられている積み方は大きく分けると4パターン程あり、

アタッカー
<<長期間生き残っているため

タンク
<<積みたいアビリティがあまり多くない
<<スタンス継ぎの場合はアライブに変えると純粋強化

アンブラ
<<デバフとバフでサポート特化
<<現状アンブラと組み合わせることの多いファストが必須ではない

カインド
<<回復とバフでサポート特化
<<スタンド以外との組み合わせがこれまでほぼ無かった為候補入り

という感じになっています。色々と話を聞いている限りだと②のタンク派が多そうです。
(ライズスタンススタンスアライブに変えれば純粋に強くなる、という考えの方が多いのかなと)

自分は①②③④どれもアリだと思いつつ、限定の今積むならより出番が多そうな②かなという考えです。恒常化されたら③④にもつみたいですね。
①はアタッカーに積みたいアビリティが多すぎるので他と比べると微妙かなという感じです。無しではないと思います。

 

すらいむ流育成

上記にもありましたが、ライズスタンスタンクスタンスアライブに積み替えました。
ライズファスト型と差別化の為、防御をかなり厚くしています。

 

 

4.エグゼスタン

性能

ダメージ+50%

発動時、相手の防御-5%、専用デバフアイコンを付与
デバフアイコン時、一切の行動が行えない
一度行動しようとするか、次ターンになると解除

発動率:30-45-60

 

性能解説・補足

ダメージ+50%
<<ブローラッドと同様

発動時、相手の防御-5%、専用デバフアイコンを付与
デバフアイコン時、一切の行動が行えない
<<「しびれて動けない」という表示が出る
<<行動不能時にもパニッシュのダメージは入る
<<防御低下はブレイクなどと同様「普通の能力変化」

一度行動しようとするか、次ターンになると解除
<<効果を発揮する為には敵より先に動く必要がある
<<2回行動の魔獣の場合、2回目の行動は普通にしてくる

発動率:30-45-60
<<これまでに無かった「低確率高性能」タイプ

 

性能評価

ダメージ+50%
<<普通

発動時、相手の防御-5%、専用デバフアイコンを付与
デバフアイコン時、一切の行動が行えない
<<何もできなくなるので非常に凶悪
<<防御低下はオマケ

一度行動しようとするか、次ターンになると解除
<<先制することがとにかく大事
<<2回行動の魔獣には効果が薄い

発動率:30-45-60
<<これ以上発動率が高いと敵に使われた時辛いので妥当

 

総評

弱くはないが、使いこなすのがとても難しそう。

対魔獣では、1回行動の敵を封殺や、2回行動の敵を1回行動にしてゾンビ戦法の補助などの使い道があるものの、発動率に難ありです。
対人では凶悪な性能になりますが、こちらも発動するか次第の運ゲーです。

個人的には「敵に使われると辛いタイプのアビリティ」という認識ですが、上手く使えれば魔獣討伐を楽にすることもできるかもしれません。

 

誰に積むべきか

アタッカー寄りだとは思いますが、一番重要なのは敵よりも先に動くことです。そのため、速さにガッツリ振った上で、ファストメテオと組み合わせることが大前提となりそうです。

配分やらに関しては・・・今後の環境次第でもあるので、現状は何とも言えません。

 

すらいむ流育成

とりあえずLv3継ぎしましたが、良い活用法を見つけられていないので、しばらくはこのまま待機になると思います。

 

 

最後に

以上が新アビリティのまとめとなります。

これらはあくまで現状での考察、今後これらのアビリティをどのように魔獣が使用してくるかによって環境が変わってくるかもしれません。
再三になりますが、参考にされる際は自己責任でお願い致します。ではでは。