すらぺでぃあ

すらぺでぃあ

人気?アプリ「7人の賢者と錬金術師(ななれんきん)」の情報をまとめたり考察したりするかもしれないブログです。

すらぺでぃあ

ーおすすめ記事ー




【雑記】すらいむ式PPP周回術

どうもすらいむ(@slime_dual)です。

今回は、自分がPPPイベントを周回する時に気を付けていることや、考えていることをまとめてみました。
あくまで自己流なのでこれが良い!とは言いませんが、次回以降のPPPに役立てられる部分があるかもしれないので、最後まで見てもらえると嬉しいです。

※ある程度(だいぶ)アニマが育っている方向けの内容になっています。

 

1.前準備

まず、PPPイベントの告知が来てから行うことについてです。まだイベント自体は始まっていませんが、ここから既に戦いは始まっています

1-1.ビスケット小袋購入

最近のPPPでは、イベント期間中もビスケットの値段が大きく上がるということはありません。ですが、ある程度予備をマーケットに保管している状態でいることで、rin的にも精神的にも余裕が生まれます。
ただし、買い過ぎてしまうと他のことにrinが使えなくて困る、ということもあるので、イベント開始時は多くても5s(5000個)ほどあれば十分です。

 

1-2.アニマの把握

告知時点でPPPの属性が公開されるので、自身のアニマの中でどの子が戦えそうかの目星をつけておきます。正確には、もっと前から属性予想はされているので、それを基準に考えても大丈夫です。
また、イベント開始後迅速に討伐シミュレーターを使うため、自身のアニマデータをあらかじめシミュレーターに入力しておくとなお良いでしょう。何度もアニマの変更などをしながら勝率を探っていくため、一々入力しているようでは時間がかかりすぎてしまいます。

討伐シミュレーターは以下からダウンロード可能です。新しいアビリティが出たりした時は更新が必要になりますが、自身のアニマデータは引き継ぎができるようになっているので、イベント前に使えるようにしておくのが理想です。

 

1-3.予定の確認と変更

PPPは基本的に時間を使えば使う程儲かります。なので、事前にイベント期間中どの程度時間が取れるかを事前に確認しておきます。頭の中ではなく、メモやスプレッドシートにまとめておくと後で確認がしやすいのでおすすめです。
イベントは大体10日間。また、初日は環境把握や準備として使うことが多いので除外しておいた方が良いです。

そして、イベント期間中のリアル用事の中で、移動が可能なものや優先度が低いものをどかしていきます。中には有休使う人も居るみたいですが、その辺は自身の状況と相談で。
(自分はだいぶリアルを削ってPPP周回に回しましたが、リアルの方が大事なのは自明なので無理しないように。)

 

1-4.仲間の確認

PPPの周回スタイルとして、1人でサブ垢周回や野良貼りをする個人型、部隊や知人と一緒に周回する協力型の2つがあります。
個人型の場合、やりたい時にやれるというメリットはありますが、アニマが余程強くないとやっていけませんし、中盤終盤にダレやすいです。
協力型の場合、自身の負担が減り相手にある程度であれば頼ることができます。その反面、時間を合わせる必要があることと、討伐枠が減るため同じ%を周回している個人型の人と比べて単位時間当たりの利益が少なくなるというデメリットがあります。

まずは自分がどちらの型で周回したいのかor周回できるのかを考えます。とはいっても、敵のステータスはイベント開始後にしかわからないため、事前の想定から変わってしまうこともあるでしょう。
最初から協力型でやっていこうと考えている場合は、一緒に周回してくれる仲間を探す必要があります。自分みたいなコミュ障にはちょっと難易度が高いですね。

 

1-5.部隊アビリティの確認

最近のPPPは、部隊アビリティの使用がほぼ必須となっています。そのため、部隊アビリティをどのようにしていくのかを確認しておく必要があります。
この辺は部隊によって考え方が違うのであまり触れませんが、もしガッツリ周回したいけど副隊長じゃないから部隊アビリティを自由に使えない!、という場合は、イベント期間中だけ他の活発な部隊や自由度の高い部隊に移動するというのも手です。

 

1-6.根性の確認

なんのこっちゃ、と思うかもしれませんがめちゃめちゃ重要です。
編成が固まってしまった後はただ周回するだけになるので、飽きやすいです。そこで、自身がどの程度の作業までなら耐えられるのかをざっくりでいいのでイメージしておきます。

自分の場合は脳死周回には慣れているので、24時間ぶっ続けで周回もやろうと思えばできると思います。実際は、睡眠時間削るのは最終日以外悪手中の悪手なのでやりませんが。

 

2.スタートダッシュ

さて、イベントがようやく始まるところまで来ました。ここからはイベント開始直後~初日中の動きについて見ていきます。

2-1.素材購入&売却

12時のスタートからしばらくの間イベントを触れるのであれば、ある程度(30%~50%)まで上げて素材を売るだけで結構儲かります。
%を上げるのに必要なアイテムは、最低限のドロップ品+デイリーミッション分を回収した後はマーケットで購入した方が手っ取り早いです。

もし特効装備が制作可能なのであれば、このタイミングで素材を売りつつ自身の特効装備の分も確保しておきましょう。これをやっておくだけでこの後がだいぶ楽になります。

 

2-2.敵情報の確認

大まかな敵の使うアビリティ情報くらいであれば、自分で調べるなり部隊で情報共有するなりですぐ集められると思います。
細かいステータスについては、大体私(すらいむ)が調査しているので、それを待つなり、実際に計算してみるなりです。私が調査できない場合は事前にTwitterで「遅くなる」的なことを呟いていると思います。

 

2-3.シミュ&今後の予定決定

ここが一番大事です。
私(すらいむ)が敵ステータスの調査を終わらせた段階で、同時に討伐シミュレーターの方に敵の情報を実装していると思います。それを用いて、自身のアニマでどこまで討伐できそうかを調べていきます。

%の目安としては、今までの傾向を見る限り80%を倒せるなら十分儲かるレベルです。とはいえ、どの%から美味しいかは毎回変わるので目安でしかありませんが。
また、勝率については7割超えていれば十分、と個人的に考えています。もちろん勝率が高い方が望ましいですが、多少勝率を犠牲にしてでも高い%を周回した方が儲かると思います。

満足いく勝率が出せているのであればこの時点から周回開始、納得いかないようであれば、アニマの育て直しや限界突破などの計画を練る必要があります。この辺は協力型の場合は相手の方と相談ですね。
ここで重要なことが、無理をし過ぎないことと、決断はできるだけ早くすることです。
まず無理しすぎると周回に使うビスケットが足りない、中途半端なところまで育成してrin切れて立ち往生、なんてことが起きかねません。
そして、決断が遅くなってしまうと、その分周回時間が減ってしまい思うように稼げないことがあります。

育て直しや新規育成をする場合、赤字スタートになる」ということを必ず頭に入れておきましょう。自分の場合は赤字スタートが嫌いなので、大体その場の持ち合わせで倒せるところまでで頑張るスタイルになりがちです。

 

3.序盤

怒涛の初日が終わり、少し落ち着いた状態です。ここでも重要なことが多いので、順に見ていきます。

3-1.ガチ勢の情報を確認する

ガチ勢の場合、初日夜~2日目から周回を開始する人が多いです。まずはこの人たちの情報から、「転生の実がどこから落ちるのか」「どの辺が美味しいのか」を見極めます。

「ガチ勢の人に聞きに行くのは恐れ多い!」という方、いると思います。そのような場合は、Twitterなどの自慢報告ツイートを見る、討伐ランキングのポイント上昇量とその人の出品している転生の実の数から大体のドロップ率を推測する、といった方法でも情報を得られます。
(後は配信している人が居たら直接聞いてみる、というのもアリ)

 

3-2.実際に周回してみる

上に色々書きましたが、一番確実なのは自分で周回してみることです。このゲームは確率のばらつきがかなりあるので、ある程度の時間周回してみてから考えた方が良いです。

まず転生の実について。自分の感覚としては、1時間に1個ペースならまあまあ、30分に1個ペースなら十分儲け、30分1個以上ペースならぼろ儲けという感覚です。
自分の場合、第3回と第4回のPPPが30分1個ペース、最新の第5回のPPPが30分1.7~2個ペースでした。

勝率については、明らかに「勝ち<負け」となっていた場合は考え直しが必要だと思います。もし想定の勝率と離れている場合は、シミュレーターの入力を間違えているか、シミュレーター側に問題があるかです。後者についてはどれだけ注意していてもやる時はやってしまうので、あくまで自己責任ということでお願いします。

 

3-3.予定の修正

上2つを踏まえて、このまま周回を続行するか、なにか工夫をするかを考えます。
ここでも、先ほど書いたように無理をし過ぎないことと、決断はできるだけ早くすることの2つが重要になってきます。ただし、焦って%上げ過ぎると取り返しのつかないことになりかねないので注意。

自分の場合、この段階で%を上げる、限凸するといった行動を取ることが多く、ここで決めたもので最後までいきます。ころころ変えるのは時間の無駄なのと、考えがブレたりして何かしらやらかしてしまう可能性があるのが理由です。

 

4.中盤~終盤

考えることが無くなり、思考停止で周回するだけと化したPPP中盤以降。飽きる眠いだるい・・・といった問題が起きてくる頃なので、対策しておけると有利になります。

4‐1.しっかり寝る

PPPに限らず、何かしら作業を長期的にやる時の鉄則です。無理して徹夜、見栄を張って徹夜は翌日のコンディションを著しく下げるので、総合的に見たらマイナスにしかなりません。
なので、仮に徹夜するのであれば、翌日周回しない&用事が無い場合に限ります。つまりやったとしても最終日だけですね。

寝るタイミングは人それぞれですが、自分は眠くて無理!今なら10秒で寝れる!という状態になったら寝ます。寝ようとして中々寝付けないという状態はなんだか時間ロスしてる気がするので。

 

4‐2.細かく区切って考える

例えば5時間周回するとなった時に、そのままだととても長く感じてしまいます。そこで、部隊アビリティの切れる30分を1セットとして、セット数を細かく区切る形で考えるようにしています。
この考え方だと、実がどれだけ落ちているかを考えるのが楽になる(1セット当たり換算ができる)ので、目標を立てたりする時にも有効です。

 

4‐3.作業のお供を用意する

これも大事です。PPPをやりながら動画を見る、作業用BGMを聞く、声優ラジオを聞く、友人と通話する、配信するetc・・・飽きない工夫をするとだいぶ変わります。
ただし、あまり動きのある動画だと、画面に集中してしまい周回が疎かになることがあるので注意。

 

4‐4.無駄を無くす

普段生活していると、知らず知らずのうちに無駄な時間ができてしまいます。特に何かと何かの作業の合間なんかにふとYoutubeを開いてしまったり・・・そんな経験がある人もいると思います。
この無駄な時間が悪だと言うつもりは無いですが、周回時にはどうしても邪魔です。なので、そのような無駄な時間を極力減らそうと意識するだけでも有効に時間が使えると思います。

自制ができないよ!という方は、荒業ですが、部隊アビリティが消えた瞬間即炊き直ししましょう。部隊アビリティの時間を少しでも無駄にしたくないという考えを持っているのであれば、自然と無駄は無くなるはずです。

 

・・・と、ここまで長々と書いてきましたが、自分はPPP周回というだけで毎回このくらい考えています。考えすぎだとは思うのですが、PPPイベントは年3~4回しかないので、後悔を残したくないという気持ちが強いんだと思います。
もし1つでも参考になるようなことがあれば嬉しいです。ここまで読んでくださりありがとうございました。